株式会社ケーエスケー

お問い合わせ

株式会社ケーエスケー

コーポレートガバナンス

ケーエスケーは、コーポレートガバナンスに対する取り組みこそが、ステークホルダーの皆さまとの信頼関係を構築するための基盤になると考えています。企業としての使命や広く社会に対して担う責任を踏まえた企業理念によって社員の意識の向上を図るとともに、コーポレートガバナンス・コードに準拠し、監査機能の充実などを通して経営の透明性や健全性の確保、意思決定の迅速化に努めています。

コーポレートガバナンス体制

当社は、監査役会設置会社であり、取締役による的確な意思決定と迅速な業務執行を行う一方、取締役会と監査役、監査役会の機能により、各取締役の職務執行について適正な監督および監視を可能とする経営体制としています。
当社の取締役会は、取締役8名で構成されています。
監査役会は4名の監査役で構成し、うち2名が社外監査役です。当社は、経営の透明性・健全性を確保することが最重要項目であると認識しており、これを担保するために社外監査役を選任し、取締役の職務の執行を監督、監視する体制としています。
また社内組織として執行役員制度を導入することにより、業務執行と監督を分離し、意思決定の迅速化とガバナンスの強化を図っています。執行役員は取締役会で選任され、それぞれが担当する事業、各部門、および子会社の業務執行に対し責任を負っています。

会社の機関の内容および内部統制システムの状況

取締役会は原則として毎月1回開催し、必要に応じて随時臨時取締役会を開催し、法令で定められた事項や、経営に関する重要事項を決定するとともに、業務執行の状況を監督しています。
監査役会は主として四半期決算の検証を目的として開催し、その他、必要に応じて随時開催しています。業務執行全般にわたって、内部監査部門より報告を受け、年間の監査計画に基づいて業務執行が適正かつ効率的に行われているかを検証および評価しています。

リスク管理体制の状況

当社では「リスク管理規程」により、経営上のリスクが発生した場合の対応および未然に防止するための体制を定めております。また、リスク管理およびコンプライアンスの徹底を図るため同規程に基づき「リスク・コンプライアンス委員会」を設置し、原則として年2回開催しています。