おくすり検索 安心処方infobox 只今、ログイン中です

お客様のメールアドレス宛にメールをお送りすることが出来ません。恐れ入りますが、メールアドレスの変更を「プロフィール編集をする」よりお願いいたします。

マイメニュー プロフィール編集をする
パスワード変更をする
My相談室 相談をする
My相談室履歴一覧をみる
閲覧履歴をみる

該当データがございません。または、最終閲覧日より3ヶ月が経過しています。

カテゴリ一覧 最新情報 最新情報2017年度
最新情報2017年度
最新情報2016年度
最新情報2015年度
最新情報2014年度
最新情報2013年度
最新情報2012年度
最新情報2011年度
最新情報2010年度
最新情報2009年度
最新情報2008年度
最新情報2007年度
最新情報2006年度
最新情報2005年度
最新情報2004年度
最新情報2003年度
最新情報2002年度
プレスリリース
プレスリリースバックナンバー
電子公告
最新情報
最新情報2005年度
「療養病床研究会」 第三十回研究会開催のご案内


「療養病床研究会」 第三十回研究会開催のご案内

代表発起人 中馬病院副院長 田中 英雄
 小泉政権が勢いづく中、2月15日に予定通り中央社会保険医療協議会(中医協)より診療報酬が具体化されました。皆様もご承知のとおり平成18年度は診療報酬と介護報酬のダブル改定となります。「医療制度改革大綱」のキーワードは、医療費の適正化。診療報酬引き下げ、患者負担増、新医療計画、医療費適正化計画。盛り込まれた施策は、医療機関にとって大きな痛みと変革へのスピードアップの覚悟を強いるものばかりです。
 そこで、前回に引き続き、社会福祉法人慈生会事務部長の梅津勝男氏に再度ご登壇頂きます。梅津事務部長は、「病院事務管理者ネットワーク」の代表副幹事として執筆、公演、経営実務と経験豊富でいらっしゃいますので、今回の診療報酬改定に対し鋭い検察をされるものと期待いたします。研究会ご参加頂いた方々には必ずやお役に立てるものと存じます。なにかとお忙しい時期ではございますがご出席いただき、早期対応されますようよろしくお願い致します。ご質問があれば事前に、あるいは当日でも結構ですから積極的にご発言下さい。

会目的
1. 慢性期療養病床と急性期一般病床との連携について研究する。
2. 一般病院の療養病床転換を推進する。
3. 療養病床のこれからの在り方等について研究を行う。
4. 療養病床移行済み病院の説明を通じより良い療養病床を目指す。
5. 近畿エリアでの活動とする。

日 時 平成 18 年 3 月 18 日(土) 15:00〜17:00 

内 容 「平成18年度診療報酬改定の解釈と病院トップの決断」
 講師: 社会福祉法人慈生会 慈生会病院 事務部長 梅津勝男氏

開催場所 ホテル「ホップイン」アミング 会議場(JR尼崎駅北2分)
MAP

参加費 ¥3,000(当日徴収、定員50名)
情報交換会費 ¥5,000

主 催 療養病床研究会

バイタルケーエスケーホールディングス
葦の会
採用情報