おくすり検索 安心処方infobox 只今、ログイン中です

お客様のメールアドレス宛にメールをお送りすることが出来ません。恐れ入りますが、メールアドレスの変更を「プロフィール編集をする」よりお願いいたします。

マイメニュー プロフィール編集をする
パスワード変更をする
My相談室 相談をする
My相談室履歴一覧をみる
閲覧履歴をみる

該当データがございません。または、最終閲覧日より3ヶ月が経過しています。

カテゴリ一覧 最新情報 最新情報2017年度
最新情報2017年度
最新情報2016年度
最新情報2015年度
最新情報2014年度
最新情報2013年度
最新情報2012年度
最新情報2011年度
最新情報2010年度
最新情報2009年度
最新情報2008年度
最新情報2007年度
最新情報2006年度
最新情報2005年度
最新情報2004年度
最新情報2003年度
最新情報2002年度
プレスリリース
プレスリリースバックナンバー
電子公告
最新情報
最新情報2005年度
「療養病床研究会」 第二十九回研究会開催のご案内


「療養病床研究会」 第二十九回研究会開催のご案内

代表発起人 中馬病院副院長 田中 英雄
 規制緩和の流れから医療法人の有料老人ホーム経営が来年度解禁されようとしています。また本年10月の介護保険制度の改訂により居住費用及び食事費用が自己負担化され、有料老人ホームとの価格格差が接近しています。また、平成17年10月19日公表された厚生労働省の医療制度構造改革試案は物議をかもしていますが、諸般の事情から判断するに要支援要介護高齢者及び高齢の医療を必要とする方とその家族さんにとって施設への入所及び病院での入院を真剣に思案せざるを得ない状況になってきています。前回は、社会福祉法人「こうほうえん」の石垣修一法人副本部長をお招きし、介護報酬改訂の予測と対応策について判り易く示唆頂き、高齢者住宅・有料老人ホームの存在がさらに気になってまいりました。
 今回は、神奈川県の医療法人三喜会本部から民間企業にヘッドハンティングされ、関西電力(株)、(株)東京電力で有料老人事業を積極的に展開実践され、今般独立された今瀬俊彦氏をお招きして民間企業での有料老人ホーム事業に対する視点から、医療法人に対するアドバイスをお伺いしたいと考えます。なにかとお忙しい時期ではございますがぜひともご出席ただき今後の経営戦略の御参考にしていただきたく存じます。又、ご質問等があれば事前に、あるいは当日でも結構ですから積極的にご発言下さい。

会目的
1. 慢性期療養病床と急性期一般病床との連携について研究する。
2. 一般病院の療養病床転換を推進する。
3. 療養病床のこれからの在り方等について研究を行う。
4. 療養病床移行済み病院の運営状況を通じより良い療養病床を目指す。
5. 近畿エリアでの活動とする。

日 時 平成17年12月15日(木) 15:00〜17:00

内 容 「民間企業の高齢者住宅・有料老人ホーム事業展開に学ぶ」
ご発題者: (株)今瀬ヘルスケアコンサルティング
所長 今瀬 俊彦 氏

場 所 ホテル「ホップイン」アミング 会議場(JR尼崎駅 北へ2分)
MAP

参加費 ¥3,000(当日徴収、定員50名)
交流会  ¥5,000

主 催 療養病床研究会

バイタルケーエスケーホールディングス
葦の会
採用情報