おくすり検索 安心処方infobox 只今、ログイン中です

お客様のメールアドレス宛にメールをお送りすることが出来ません。恐れ入りますが、メールアドレスの変更を「プロフィール編集をする」よりお願いいたします。

マイメニュー プロフィール編集をする
パスワード変更をする
My相談室 相談をする
My相談室履歴一覧をみる
閲覧履歴をみる

該当データがございません。または、最終閲覧日より3ヶ月が経過しています。

カテゴリ一覧 診療報酬改定情報
web-KSK topics Plus バックナンバー
オンラインコンサルティング
My相談室 相談をする
My相談室履歴一覧をみる
相談事例集
ニュース
メディカルヘッドラインニュース
厚生政策情報
1週間の厚生政策情報
メディカルニュース
レポート
特集記事
よくわかる!介護保険制度
今月のキーポイント
セミナーレポート・インタビュー
役職者として考えるヒント
スタッフへのメッセージ
ケーススタディー
病院経営ケーススタディー
クリニック経営ケーススタディー
介護福祉経営ケーススタディー
調剤薬局経営ケーススタディー
Q&A
病院経営Q&A
クリニック経営Q&A
介護福祉経営Q&A
調剤薬局経営Q&A
人事労務Q&A
調剤薬局情報
調剤薬局Vision
調剤薬局最前線
エスタブリッシュ医薬品関連情報
私の本音アンケート
平成26年度診療報酬改定
平成28年度診療報酬改定
アーカイブ(2007/12/31まで)
アーカイブ(報酬改定)
会員向け(医業経営情報サービス)
セミナーレポート・インタビュー
全103件
<<前の10件を見る 1  2  3  4  5  次の10件を見る>> 
より効果をだすための基本対策(3)
2017-12-01
医療のヘビーユーザーである高齢層のスマートフォンの利用率は年々倍増の伸びを示し、しかもまだ十分な伸びしろを残しています。 ...続きを見る
電子カルテは眺めるよりも使ってみること、習うよりも慣れること
2017-11-16
電子カルテを導入した診療所の院長にヒアリングしたところ、「電子カルテによる文書作成の効率化」「院内のペーパレス化」「レセプト点検作業の効率化」など導入効果を実感している声をいただきました。 ...続きを見る
ホームページ作成の基本対策(2)
2017-11-02
検索サイトから自院を見つけ来院までの流れをつくるための原則であるということをお伝えしてきました。なかでも、特に「検索サイト」の対策を有効に働かせるための重要な項目になります。 ...続きを見る
ホームページ作成の基本対策(1)
2017-10-06
クリニックホームページの閲覧者は、それぞれに「知りたい」「調べたい」などの目的をもって訪れるわけですが、来院や直接的なコンタクトに結びつくキッカケとなる情報はさまざまです。 ...続きを見る
ホームページをつくる
2017-09-08
インターネットを使って情報を検索する利用者のほとんどの方が、検索サイトを利用しています。スマートフォンの普及で、検索サイトを経由せずにTwitterやFacebookなどのSNSから情報入手する方も多くなってきましたが、検索サイトからスタートする傾向そのものは変わりません。 ...続きを見る
クリニックのホームページとは
2017-08-10
スマートフォンの普及に伴い、ネットを通じたコミュニケーション機会がますます増えていっています。紹介などの地域連携についても、ネット上のやり取りで完結してしまうことが多くなってくるでしょう。では、そんな時代に向けて、クリニックはどういうホームページを作れば良いのでしょうか? ...続きを見る
医療・介護事業経営セミナー
2017-07-12
医療・介護事業経営セミナー『1年後に迫る医療・介護報酬同時改定! 医療・介護サービス提供体制を徹底検証』が開催された。当日はASK梓診療報酬研究所所長の中林梓氏が同時改定をテーマにした講演を行った。 ...続きを見る
〜M&Aの動向とポイント
2017-06-14
後継者不足や経営難といった理由から、医療法人のM&Aが右肩上がりで増加している。M&Aの現状や将来予測を整理するとともに、売り手・買い手ともに自身の願いをかなえるためのポイントを解説する。 ...続きを見る
〜電子カルテのクラーク運用はスタッフの人材育成につながる
2017-05-19
最近、医師のそばでクラークが電子カルテ入力を支援する「クラーク運用」が注目されている。その運用効果は医師の業務負荷の軽減だけでなく、診療所のコントロールタワーの役割を果たす人材の育成にもつながる。 ...続きを見る
〜森下正之 医療シンクタンクNPO主幹研究員
2017-05-02
連日新聞・雑誌等メディアで取り上げられているAIについて、昨年あたりから医療機関での認識の程度を、具体的に調べる必要性を痛感し、資料を集めはじめた。現在「AIバブル」といえるほどの盛り上がりを見せているが、そのブームに潜む落とし穴に留意しなければならない。患者をはじめとする医療サービスの利用者の視点に基づき、考察を加えたい。 ...続きを見る
全103件
<<前の10件を見る 1  2  3  4  5  次の10件を見る>> 
ProファーマCH
新規開業サポート