おくすり検索 安心処方infobox 只今、ログイン中です

お客様のメールアドレス宛にメールをお送りすることが出来ません。恐れ入りますが、メールアドレスの変更を「プロフィール編集をする」よりお願いいたします。

マイメニュー プロフィール編集をする
パスワード変更をする
My相談室 相談をする
My相談室履歴一覧をみる
閲覧履歴をみる

該当データがございません。または、最終閲覧日より3ヶ月が経過しています。

カテゴリ一覧 平成28年度診療報酬改定速報
web-KSK topics Plus バックナンバー
オンラインコンサルティング
My相談室 相談をする
My相談室履歴一覧をみる
相談事例集
ニュース
メディカルヘッドラインニュース
厚生政策情報
1週間の厚生政策情報
メディカルニュース
レポート
特集記事
よくわかる!介護保険制度
今月のキーポイント
セミナーレポート・インタビュー
役職者として考えるヒント
スタッフへのメッセージ
ケーススタディー
病院経営ケーススタディー
クリニック経営ケーススタディー
介護福祉経営ケーススタディー
調剤薬局経営ケーススタディー
Q&A
病院経営Q&A
クリニック経営Q&A
介護福祉経営Q&A
調剤薬局経営Q&A
人事労務Q&A
調剤薬局情報
調剤薬局Vision
調剤薬局最前線
エスタブリッシュ医薬品関連情報
私の本音アンケート
平成26年度診療報酬改定
アーカイブ(2007/12/31まで)
アーカイブ(報酬改定)
会員向け(医業経営情報サービス)
特集記事
全453件
<<前の10件を見る 1  2  3  4  5  次の10件を見る>> 
第1回日本在宅救急研究会シンポジウム
2017-09-13
看取り搬送という言葉がある。自宅で看取ろうとされていたが、ぎりぎりになってあわてた家族などが緊急搬送してしまう。結果、病院到着時には死亡している場合がある。 ...続きを見る
第1回日本在宅救急研究会シンポジウム
2017-09-12
小豆畑病院病院長の小豆畑丈夫氏は、自らが茨城県で実施している「在宅と救急の1つの病院連携」について報告した。 ...続きを見る
第1回日本在宅救急研究会シンポジウム
2017-09-11
地域包括ケアシステムが機能するためには、在宅医療の充実が不可欠だ。一方で、在宅医療患者の急変憎悪に生じる救急医療との連携の問題も浮き彫りとなる。 ...続きを見る
ケアと地域をどう結ぶか
2017-09-06
日本慢性期医療協会会長の武久洋三氏は冒頭、「中途半端な自称急性期病院は、いよいよ客観的な指標により医療界から追放されるだろう」との持論を述べた。 ...続きを見る
ケアと地域をどう結ぶか
2017-09-05
織田病院理事長の織田正道氏は、地域包括ケア時代の病院の在り方を自院の姿を通して語った。 ...続きを見る
ケアと地域をどう結ぶか
2017-09-04
独自の仕組み作りで退院後のケアに挑戦する病院事例を紹介。医療界のキーパーソンのロジックも併せて掲載した。医療界はまさに新たな地平を見ようとしていることが実感できる。 ...続きを見る
病気をしても働くために!
2017-08-31
三井記念病院精神科部長の中嶋義文氏は、産業医の立場から、「患者からの申し出が支援の前提」と患者主体の原則を確認した上で、「産業医の役割は患者と会社をつなぐこと」と説明した。 ...続きを見る
病気をしても働くために!
2017-08-30
がん患者の就労継続に取り組んでいる株式会社松下産業代表取締役社長の松下和正氏は事業場の立場から報告した。同社は2014年度に「東京都がん患者の治療と仕事の両立への取組を行う企業表彰」優良賞を受賞している。 ...続きを見る
病気をしても働くために!
2017-08-29
シンポジウムでは自身もがん患者であり、現在はNPO法人がんサポートオレンジの会理事長としてがん患者支援の活動をしている松本陽子氏が登壇。現役世代のがん治療における課題について報告した。 ...続きを見る
病気をしても働くために!
2017-08-28
医療の進歩によって、治療を継続しながら働く患者が増えている。そこには多くの社会的な支援が必要だが、その整備は道半ばだ。医療職は、家庭の生活だけではなく、事業場の環境や仕事内容に配慮することも、社会的に期待されている。 ...続きを見る
全453件
<<前の10件を見る 1  2  3  4  5  次の10件を見る>> 
ProファーマCH
新規開業サポート